関内・馬車道周辺のランチ記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガ:meru版2012この漫画がすごかった
2013年03月24日 (日) | 編集 |
ずーっと悩んでいました。。
面白いのはいっぱいあるけど、ぶっちぎりはなんかあったっけ?って。
そしたら今年度になっちゃった(ゝω・)

一応2012年に刊行された漫画から選んでます。
2012年おすすめの漫画はこちら。
週間漫画はジャンプ以外購入をやめちゃったんで、青年漫画に疎くなりました。。

『ピアノの森 一色まこと』
『NARUTO -ナルト- 岸本斉史』
『ヴィンランド・サガ 幸村誠』
『テガミバチ 浅田弘幸』
『ハイキュー!!  古館春一』
『宇宙兄弟 小山宙哉』
『天にひびき やまむらはじめ』

『夏目友人帳 緑川ゆき』
『溺れるナイフ ジョージ朝倉』
『7SEEDS 田村由美』
『乙嫁語り 森薫』
『失恋ショコラティエ 水城せとな』
『脳内ポイズンベリー 水城せとな』
『海街diary 群青 吉田秋生』
『ちはやふる 末次由紀』
『青空エール 河原和音』


ノミネートは

『ましろのおと 羅川真里茂』
『I[アイ] いがらしみきお』
『羊の木 原作:山上たつひこ 作画:いがらしみきお』
『神様ドォルズ やまむらはじめ』
『俺物語!! 原作:河原和音 作画:アルコ』
『町でうわさの天狗の子 岩本ナオ』



さてさてどれが一位でしょうか。




今年のNo.1は…(2012年刊行分のまで)

◆羊の木 1〜2巻
 原作:山上たつひこ 作画:いがらしみきお イブニングKC/講談社◆


07270347.jpg

あらすじ
犯罪を犯し刑期を終えた元受刑者を地方都市へ移住させる政府の極秘更生プロジェクトの舞台となった魚深市。
市長・鳥原秀太郎は一般市民には何も知らせずに過去を隠し元受刑者11人を受け入れた。
奇祭「のろろ祭り」の騒動も落ち着き、町は平穏を取り戻すかに見えたが・・・・(講談社より)


正直2巻で終わると思ってました。
が、ギリギリのところで続く。。
ギリギリで成り立っている紙一重なところを、どう落として行くかが非常に楽しみです!!
絵がいがらし先生なのがまた非常によい!!



その他ノミネートのご紹介(2012年刊行分まで)。

◆ましろのおと 1~7巻 羅川真里茂 月刊少年マガジンKC/講談社◆

07290269.jpg

あらすじ
故郷・青森から津軽三味線を背負い、単身上京してきた澤村雪(さわむらせつ)。
自らの師でもあった三味線奏者の祖父が亡くなったことで、自分が弾くべき音を見失ってしまう。そんな雪が、全く知らない地・東京で成長してゆく津軽三味線×青春ストーリー(講談社より)。


熱血音楽ものが好きで、読んでるだけで音が聞こえてきそうな漫画が好きなんです。
しかも天才が努力するのも大好き。
私のツボにばっちり入ってる漫画です。


◆I[アイ] 1~2巻 いがらしみきお IKKI COMIX/小学館◆
07280901.jpg

あらすじ
宮城県の田舎町に生まれ、身寄りのないイサオ。
一方、医者の息子である雅彦は、小学生の頃から自分が生きていることの意味についてひそかに、深く悩んでいた。
二人が中学生になったある時、イサオは恩師の臨終の場で、人の魂を己に乗り移らせたかのような不思議な力を見せた。
そして次第にイサオに惹かれていった雅彦は、高校入試の日に二人で旅に出ることを決意する。
目的は、イサオが産まれた瞬間に目撃したという神様のような存在=トモイを探すこと。
これが、二人の長い長い旅の始まりだった……(小学館より)。

神なのか何なのか。
苦しまないで死ねるのは羨ましいけど、それが神なのか?


◆神様ドォルズ 1~11巻 やまむらはじめ サンデーGXコミックス/小学館◆
07285900.jpg

あらすじ
故郷の村を後にして、東京で平穏な大学生活を送る匡平は、想いを寄せていた日々乃に告白しようとしていた。
だがその日、彼女と2人きりになったところで惨殺された遺体を見つけてしまう。
さらに帰宅途中、正体不明のモノに襲われた匡平のもとに、故郷から案山子と呼ばれる奇妙な人形を操る妹の詩緒が訪ねてきて…(小学館より)。


もう最終回を迎えていますが、どう終わっているかドキドキ…。



◆俺物語!! 1~2巻 原作:河原和音 作画:アルコ マーガレットコミックス/集英社◆

07284131.jpg

あらすじ
無敵の肉体と優しいハートの持ち主・剛田猛男。
「俺物語!!」はそんな猛男が、不器用だけれどまっすぐな気持ちで、周りと一緒にハッピーになっていくハッピーなお話しなのです(集英社より)。

あー久しぶりによい少女漫画!!
読んでるとニコニコしてしまいます^^


◆町でうわさの天狗の子 1~10巻 岩本ナオ フラワーコミックスアルファ/小学館◆
07291116.jpg

あらすじ
緑峰山の天狗の娘、秋姫は、下界で母親と暮らしながら中学校に通っている。
お山で修行にはげむ幼なじみの瞬ちゃんから、天狗になるための修行をするように言われるが断り続ける毎日だ。
そんな秋姫の心の中は、同級生のタケル君のことでいっぱいなのだが…(小学館より)。

秋姫がいろいろと自覚してから、グッと良くなってます。
終わりに向かっているのかな?
どんどん楽しみになってきてます!


ではでは。
皆様もよい漫画に出会えますように〜。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。